高速バスにおける車内QRコード決済実証実験を開始(茨城交通)

高速バスにおける車内QRコード決済実証実験を開始(茨城交通)

株式会社みちのりホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役グループCEO:松本順、以下:みちのりHD)、茨城交通株式会社(本社:茨城県水戸市、代表取締役社長:任田正史、以下:茨城交通)、株式会社小田原機器(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:丸山明義、以下:小田原機器)は、茨城交通の運行する高速バス「勝田・東海線」の車内において、QRコード決済の実証実験を開始した。

目的

(1) QRコード決済システムによる利便性向上を通じた高速バスの利用促進

(2) QRコード決済システムの導入による運転手の業務負荷軽減

(3) 今後のQRコード決済システムの実装に向けた課題の抽出

期間・対象路線・利用可能QRブランド

(1) 期間:2019年7月29日(月)~10月31日(木)

(2) 対象路線:茨城交通 勝田・東海線
(東京駅~大洗IC~ひたちなか・東海 平日7往復・土休日8往復)

(3) 利用可能QRブランド:
7月29日(月)利用開始:「PayPay」「ALIPAY」※8月以降順次拡大予定

各社の実証実験での役割

(1) みちのりHD:サービス設計

(2) 茨城交通 :高速バスの運行

(3) 小田原機器:QRコード決済用システム(タブレット端末等)の開発・提供

本実証実験の特徴

(1) 高速バス車両の乗降口にタブレット端末とQRコードリーダを設置し、乗降時にQRコード決済を行います。

(2) 今回実証実験のご利用形態は、ストアスキャン方式になります。お客さまがご自身のスマートフォンにQRコードアプリを表示し、車内設置のQRコードリーダに各ブランドアプリのQRコード画面をかざすことで決済されます。
なお、スマートフォンに表示したQRコードのブランドを自動判別し、決済ができます。

(3) また、「運転手の業務負荷軽減」「バス車内での運賃収受に関する所要時間の短縮」を目的とし、タブレット端末の操作回数を最低限にしています。
実証実験において、「①運転手の操作によるQRコード決済」「②お客さまご自身の操作によるQRコード決済」それぞれのケースの所要時間及び利便性等を検証する予定です。

本実証実験用システムのイメージ図


高速バス車内でのQRコード決済の利用方法

今回実証実験を実施する「茨城交通 勝田・東海線」では、乗車する方面により「乗車時」または「降車時」のどちらの決済かが異なります。

①下り(東京駅⇒水戸大洗IC⇒ひたちなか・東海):降車時の決済
※QRコード決済ご利用の場合は、東京駅で乗車券を購入せずにご乗車ください

②上り(ひたちなか・東海⇒水戸大洗IC⇒東京駅):乗車時の決済

出典:http://www.ibako.co.jp/contents/newsrelease/2019/07/19807.html